Skip to main content

2019年のICANNの公開会議は神戸とモントリオールで開催

このページは以下の言語でもご覧いただけます。

2017年6月27日 -  ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)は、本日、ICANNの第64回および第66回公開会議を神戸とモントリオールで開催することを発表しました。

ICANNの第64回公開会議を開催するアジア太平洋地域の場所として、日本の神戸が選定されました。この会議は2019年3月9日〜14日に開催され、日本ネットワークインフォメーションセンターが主催します。

ICANNの第66回公開会議を開催する北米地域の場所としてカナダのモントリオールが選定されました。この会議は2019年11月2日〜8日に開催され、Montréal Cyberjustice Laboratoryが主催します。

ICANNは、暦年ごとに世界中の異なる地域で3つの公開会議を開催しています。ICANNの公開会議は、ポリシー業務の推進、アウトリーチ活動の実施、ベストプラクティスの交換、業務取引の実施、ICANNについての学び、ICANNコミュニティ、理事会および組織の他のメンバーとのコミュニケーションの場となっており、ICANNのマルチステークホルダーモデルにとって重要な機会となっています。通常、会議は400以上の異なるセッションで構成されています。これらの会議では、個人およびさまざまなICANNステークホルダーグループの代表者を中心として、ICANNのポリシー策定に関連する問題が提起され議論されます。会場に直接参加することも、リモートから参加することもできます。

誰でも会議に参加することができ、登録には費用はかかりません。

詳細情報の入手先


More Announcements
Domain Name System
Internationalized Domain Name ,IDN,"IDNs are domain names that include characters used in the local representation of languages that are not written with the twenty-six letters of the basic Latin alphabet ""a-z"". An IDN can contain Latin letters with diacritical marks, as required by many European languages, or may consist of characters from non-Latin scripts such as Arabic or Chinese. Many languages also use other types of digits than the European ""0-9"". The basic Latin alphabet together with the European-Arabic digits are, for the purpose of domain names, termed ""ASCII characters"" (ASCII = American Standard Code for Information Interchange). These are also included in the broader range of ""Unicode characters"" that provides the basis for IDNs. The ""hostname rule"" requires that all domain names of the type under consideration here are stored in the DNS using only the ASCII characters listed above, with the one further addition of the hyphen ""-"". The Unicode form of an IDN therefore requires special encoding before it is entered into the DNS. The following terminology is used when distinguishing between these forms: A domain name consists of a series of ""labels"" (separated by ""dots""). The ASCII form of an IDN label is termed an ""A-label"". All operations defined in the DNS protocol use A-labels exclusively. The Unicode form, which a user expects to be displayed, is termed a ""U-label"". The difference may be illustrated with the Hindi word for ""test"" — परीका — appearing here as a U-label would (in the Devanagari script). A special form of ""ASCII compatible encoding"" (abbreviated ACE) is applied to this to produce the corresponding A-label: xn--11b5bs1di. A domain name that only includes ASCII letters, digits, and hyphens is termed an ""LDH label"". Although the definitions of A-labels and LDH-labels overlap, a name consisting exclusively of LDH labels, such as""icann.org"" is not an IDN."