Skip to main content
Resources

レジストリサービス技術評価パネル

このページは以下の言語でもご覧いただけます。

すべての翻訳されたコンテンツおよび文書の英語版が公式版であり、英語以外の言語の翻訳版は情報提供のみを目的として作成されたものです。

(2016年1月21日更新)

レジストリサービス評価ポリシー(RSEP)のセクション1.4の下で、「レジストリサービス技術評価パネル」はインターネットインフラストラクチャとDNS(「レジストリサービス技術評価パネル」)で使用される複合システムと標準プロトコルの設計、管理、実装における合計20名の専門家により構成されます。レジストリサービス技術評価パネルの委員はその委員長によって選ばれます。レジストリサービス技術評価パネルの委員長は、ICANNと支援組織のレジストリ部会の両方が合意できる人物であり、ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)のレジストリポリシーに対しての責任者となります。レジストリサービス技術評価パネルの全ての委員と委員長は、公平かつセキュリティと安定性の規定に則って、パネルの前に問題を審査することを求めた合意を履行するものとします。レジストリサービス技術評価パネルに付託される各問題に対して、委員長は問題を評価する委員を5人以内、レジストリサービス技術評価パネルから選びます。それらの委員のうちのいずれも、その時点で競争上、財政上、または法的紛争における利益を持たず、付託により検討される特定の技術的な問題に対して適切に配慮できるものとします。

レジストリサービス技術評価パネルの全委員がパネルの委員を務め、選任された場合には、個別の専門家として審査チームの委員を務めます。パネルの委員の組織と居住国は、透明性と開示の目的のためだけに、委員リスト(下記)に記載されます。パネルおよび審査チームの委員としての行動や声明において、これらの個人は、関係する組織や住んでいる国をいかなる形でも代表することはありません。

パネルの現在の委員:

Lyman Chapin(議長、Interisle Consulting Group, LLC、米国)

Greg Aaron(Illumintel, Inc.、米国)

Jaap Akkerhuis(NLnet Labs、ニュージーランド)

João Luis Silva Damas(Bond Internet Systems、スペイン)

John Dickinson(Sinodun Internet Technologies、英国)

Susan Estrada(Aldea Communications、米国)

Ólafur Guðmundsson(OGUD Consulting、米国)

堀田博文(日本レジストリサービス、日本)

Suzanne Woolf(米国)

Mark Kosters(Kosters Enterprises, LLC、米国)

Fredrik Ljunggren(Kirei AB、スウェーデン)

Anne-Marie Eklund Löwinder(Stiftelsen för internetinfrastruktur, IIS、スウェーデン)

Mark McFadden(InterConnect Communications Ltd.、英国)

Alejandro Pisanty(UNAM、メキシコ)

Jim Reid(RTFM LLP、英国)

Jakob Schlyter(Kirei AB、スウェーデン)

Ondřej Surý(Panificium, s.r.o、チェコ)

Wil Tan(Cloud Registry Pty. Ltd.、オーストラリア)

Rick Wesson(Support Intelligence、米国)

Paul Wouters(No Hats Corporation、カナダ)

Domain Name System
Internationalized Domain Name ,IDN,"IDNs are domain names that include characters used in the local representation of languages that are not written with the twenty-six letters of the basic Latin alphabet ""a-z"". An IDN can contain Latin letters with diacritical marks, as required by many European languages, or may consist of characters from non-Latin scripts such as Arabic or Chinese. Many languages also use other types of digits than the European ""0-9"". The basic Latin alphabet together with the European-Arabic digits are, for the purpose of domain names, termed ""ASCII characters"" (ASCII = American Standard Code for Information Interchange). These are also included in the broader range of ""Unicode characters"" that provides the basis for IDNs. The ""hostname rule"" requires that all domain names of the type under consideration here are stored in the DNS using only the ASCII characters listed above, with the one further addition of the hyphen ""-"". The Unicode form of an IDN therefore requires special encoding before it is entered into the DNS. The following terminology is used when distinguishing between these forms: A domain name consists of a series of ""labels"" (separated by ""dots""). The ASCII form of an IDN label is termed an ""A-label"". All operations defined in the DNS protocol use A-labels exclusively. The Unicode form, which a user expects to be displayed, is termed a ""U-label"". The difference may be illustrated with the Hindi word for ""test"" — परीका — appearing here as a U-label would (in the Devanagari script). A special form of ""ASCII compatible encoding"" (abbreviated ACE) is applied to this to produce the corresponding A-label: xn--11b5bs1di. A domain name that only includes ASCII letters, digits, and hyphens is termed an ""LDH label"". Although the definitions of A-labels and LDH-labels overlap, a name consisting exclusively of LDH labels, such as""icann.org"" is not an IDN."