Skip to main content
Resources

ICANNが認定するレジストラの買収

このページは以下の言語でもご覧いただけます。

ICANNが認定するレジストラは、企業全体の所有権が移行される場合に、買収されることになります。この例では、レジストラとなっている企業や団体は、引き続き存在しますが、所有者が新しくなります。この手続きは、レジストラ認定契約の譲渡とは異なります。RAA譲渡の詳細については、ICANN認定の移譲(譲渡)のページでご確認いただけます。

ICANNが認定するレジストラが買収されるときに、買収側のレジストラは、ICANNに以下を提出する必要があります。

  1. 買収や取得に関する通知(2009年レジストラ認定契約の下で認定されている場合には、30日以内、2013年レジストラ認定契約の下で認定されている場合には、7日以内)。
  2. 買収されたレジストラは引き続きICANNによって採択された仕様またはポリシーを遵守しており、RAAの義務を履行していることを確認する記述が含まれる声明。
  3. レジストラの事務長および局長のリスト。
  4. 以下のいずれか。
  • 買収契約書の写し(買収に関する機密事項は除外しても構いませんが、買収の手続きの証明が必要)。あるいは、
  • 認定されているレジストラから新しい所有者への所有権の移譲を証明でき、両社によって署名されている文書
  • 2013年RAAの元でレジストラが認定されている場合、優良な資産状況の証明を含む更新されたレジストラ情報仕様 [XLS, 29.5 KB]。
  • 一時連絡先の更新 [PDF, 250 KB] フォーム(該当する場合)。
  • 買収側のレジストラは、電子メールをregistrarupdates@icann.orgに送信してこの情報をICANNに提出する必要があります。

    買収側のレジストラは、連絡先データのすべてが最新であることを検証する必要があります。これらの要件や手続きについてのご質問がある場合には、registrarupdates@icann.orgにお問い合わせください。

    Domain Name System
    Internationalized Domain Name ,IDN,"IDNs are domain names that include characters used in the local representation of languages that are not written with the twenty-six letters of the basic Latin alphabet ""a-z"". An IDN can contain Latin letters with diacritical marks, as required by many European languages, or may consist of characters from non-Latin scripts such as Arabic or Chinese. Many languages also use other types of digits than the European ""0-9"". The basic Latin alphabet together with the European-Arabic digits are, for the purpose of domain names, termed ""ASCII characters"" (ASCII = American Standard Code for Information Interchange). These are also included in the broader range of ""Unicode characters"" that provides the basis for IDNs. The ""hostname rule"" requires that all domain names of the type under consideration here are stored in the DNS using only the ASCII characters listed above, with the one further addition of the hyphen ""-"". The Unicode form of an IDN therefore requires special encoding before it is entered into the DNS. The following terminology is used when distinguishing between these forms: A domain name consists of a series of ""labels"" (separated by ""dots""). The ASCII form of an IDN label is termed an ""A-label"". All operations defined in the DNS protocol use A-labels exclusively. The Unicode form, which a user expects to be displayed, is termed a ""U-label"". The difference may be illustrated with the Hindi word for ""test"" — परीका — appearing here as a U-label would (in the Devanagari script). A special form of ""ASCII compatible encoding"" (abbreviated ACE) is applied to this to produce the corresponding A-label: xn--11b5bs1di. A domain name that only includes ASCII letters, digits, and hyphens is termed an ""LDH label"". Although the definitions of A-labels and LDH-labels overlap, a name consisting exclusively of LDH labels, such as""icann.org"" is not an IDN."