Skip to main content
Resources

公益への責務に関する紛争解決手続(PICDRP)

このページは以下の言語でもご覧いただけます。

すべての翻訳されたコンテンツおよび文書の英語版が公式版であり、英語以外の言語の翻訳版は情報提供のみを目的として作成されたものです。

公益への責務に関する紛争解決手続(PICDRP)は、レジストリオペレータが、レジストリ契約(RA)の仕様11の公益への責務を遵守していない可能性がある苦情を解決します。

PICDRP常任パネルの現メンバーの紹介

  • Scott R. Austin氏(米国)は、連邦裁判所における、また、国際貿易委員会(ITC)、商標審判部(TTAB)などの行政裁判所での審議前における特許、商標、および著作権侵害に関する紛争の他、統一ドメイン名紛争処理ポリシー(UDRP)の手続、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)のコンテンツ紛争、独占禁止に関する紛争、インターネット関連の法律およびICANNのポリシーとガバナンスなど、知的財産に関する訴訟について深い知識を有しています。Austin氏は、プログラミングとメディア関連法に関する知識も有しており、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)、技術ライセンス、プライバシー、アメリカ合衆国憲法修正第1条、パブリシティ権、データセキュリティカウンセリングなど、実践的な技術に関する業務にも、その知識を役立てています。
  • David JA Cairns氏(スペイン)は、国際的な紛争解決を専門とするマドリードの法律事務所のパートナーです。UDRPに基づく紛争、新gTLDプログラム、世界知的所有権機関(WIPO)の簡易仲裁規則に基づく仲裁など、ドメイン名に関する商標権の紛争において豊富な経験を有します。
  • Richard Hill 氏(スイス)は、1990年代の半ばからインターネットに関する技術、法務、およびガバナンスに携わってきました。Hill氏は、1999年に統一ドメイン名紛争処理ポリシー(UDRP)が開始されてから、UDRPの仲裁人を担当しています。
  • Kevin P. Newmeyer博士(米国)は、ワシントンD.C.地域で、サイバーセキュリティ、国防、公共政策上の問題に関するコンサルタントを務めています。Newmeyer博士は、米州機構におけるアメリカ州と各政府おけるサイバー政策の開発と実施に関する豊富な経験を有しています。また、学術、政府、民間企業、国際機関で30年以上に及ぶ専門的な経験があります。
  • Megan H. Stifel氏(米国)は、豊富な経験を有するサイバーセキュリティとオペレーションを専門とする弁護士であり、政策の専門家でもあります。Stifel氏は、米国司法省に8年間勤務し、インターネットに関する犯罪や国家の安全保障上の問題とインターネットガバナンスに関するさまざまな問題について助言を行ってきました。
  • Christopher To博士(香港)は、公認情報技術専門家、公認技術者、公認仲裁人、認定調停者、法律学の教授であり、現在はChartered Institute of Arbitrators-East Asia Branchにおける会長を務めています。20年以上にわたり紛争を処理し、解決してきた経験があります。
  • Reynaldo Urtiaga氏(メキシコ)は、国際契約、政策、規制の解釈についての実務経験がある法学部の教授、仲裁人、法律顧問であり、商品、情報技術サービス、知的財産権など、国家間における企業間取引(B2B)の裁定に取り組んでいます。Urtiaga氏は、2003年以来、世界知的所有権機関(WIPO)のパネリストとして統一ドメイン名紛争処理ポリシー(UDRP)の事案を100件以上解決してきました。

以下の表に、PICDRPパネルに関連する報告書を示します。

Panel Report Date Registry Operator (RO) gTLD Panel Evaluation Results Panel Report
14 March 2017 Top Level Spectrum, Inc. .feedback RO is not compliant with Section 3c of Specification 11 of its RA Panel Report [PDF, 605 KB]
10 July 2018 National Association of Boards of Pharmacy .pharmacy RO is not compliant with Section 3c of Specification 11 of its RA Panel Report [PDF, 208 KB]

全ての契約遵守の執行に関する通知および遵守違反の状況については、https://www.icann.org/compliance/noticesを参照してください。

Domain Name System
Internationalized Domain Name ,IDN,"IDNs are domain names that include characters used in the local representation of languages that are not written with the twenty-six letters of the basic Latin alphabet ""a-z"". An IDN can contain Latin letters with diacritical marks, as required by many European languages, or may consist of characters from non-Latin scripts such as Arabic or Chinese. Many languages also use other types of digits than the European ""0-9"". The basic Latin alphabet together with the European-Arabic digits are, for the purpose of domain names, termed ""ASCII characters"" (ASCII = American Standard Code for Information Interchange). These are also included in the broader range of ""Unicode characters"" that provides the basis for IDNs. The ""hostname rule"" requires that all domain names of the type under consideration here are stored in the DNS using only the ASCII characters listed above, with the one further addition of the hyphen ""-"". The Unicode form of an IDN therefore requires special encoding before it is entered into the DNS. The following terminology is used when distinguishing between these forms: A domain name consists of a series of ""labels"" (separated by ""dots""). The ASCII form of an IDN label is termed an ""A-label"". All operations defined in the DNS protocol use A-labels exclusively. The Unicode form, which a user expects to be displayed, is termed a ""U-label"". The difference may be illustrated with the Hindi word for ""test"" — परीका — appearing here as a U-label would (in the Devanagari script). A special form of ""ASCII compatible encoding"" (abbreviated ACE) is applied to this to produce the corresponding A-label: xn--11b5bs1di. A domain name that only includes ASCII letters, digits, and hyphens is termed an ""LDH label"". Although the definitions of A-labels and LDH-labels overlap, a name consisting exclusively of LDH labels, such as""icann.org"" is not an IDN."