Skip to main content
Resources

ICANN選考委員会 | 委員会の任務

このページは以下の言語でもご覧いただけます。

選考委員会は、ICANNの付属定款に定められたICANN理事8名などの主要な役職を選出する任務を負う独立した委員会です。(付属定款第7条第1項をご覧ください。)

ICANNは非営利の公益法人であり、インターネット運用の安全性と安定性を保持し、グローバルインターネットコミュニティからの広範な代表を実現し、合意に基づくボトムアップのプロセスによって使命にふさわしいポリシーの策定を支持することに専念しています。

選考委員会は、前述のようにICANN理事会の一部のメンバー、およびALAC、ccNSO評議会、GNSO評議会のメンバーを選出する任務を負います。選考委員会は、ICANNの主要リーダーシップポジションの一部を補充するための、支持組織や諮問委員会内での他の手段を補完します。

さらに付属定款は、選考委員会が必要に応じてこのような運用手続きを採用し、ICANNのWebサイトで公開することを定めています。

NomComは、理事会、支持組織、および諮問委員会から独立して機能するように組織されます。選考委員会のメンバーは、グローバルインターネットコミュニティの利益を代表する限りにおいて、またICANNの付属定款により委ねられたICANNの使命と責任の範囲内で行動します。

メンバーは選考委員会に対して、インターネット全体の広範な利益の理解、および指名元となるインターネットステークホルダーの懸念と関心についての知識と経験を提供します。選考委員会の課題は、これらの見解をとりまとめ、選出で合意を導き出すことです。選考委員会のメンバーは、支持組織などのICANNの団体により指名されますが、指名部会に対しては説明責任を負いません。当然ながらメンバーは、付属定款を厳守し、NomComが定める規則と手続きを遵守する責務を負います。

The Nominating Committee Structure
Domain Name System
Internationalized Domain Name ,IDN,"IDNs are domain names that include characters used in the local representation of languages that are not written with the twenty-six letters of the basic Latin alphabet ""a-z"". An IDN can contain Latin letters with diacritical marks, as required by many European languages, or may consist of characters from non-Latin scripts such as Arabic or Chinese. Many languages also use other types of digits than the European ""0-9"". The basic Latin alphabet together with the European-Arabic digits are, for the purpose of domain names, termed ""ASCII characters"" (ASCII = American Standard Code for Information Interchange). These are also included in the broader range of ""Unicode characters"" that provides the basis for IDNs. The ""hostname rule"" requires that all domain names of the type under consideration here are stored in the DNS using only the ASCII characters listed above, with the one further addition of the hyphen ""-"". The Unicode form of an IDN therefore requires special encoding before it is entered into the DNS. The following terminology is used when distinguishing between these forms: A domain name consists of a series of ""labels"" (separated by ""dots""). The ASCII form of an IDN label is termed an ""A-label"". All operations defined in the DNS protocol use A-labels exclusively. The Unicode form, which a user expects to be displayed, is termed a ""U-label"". The difference may be illustrated with the Hindi word for ""test"" — परीका — appearing here as a U-label would (in the Devanagari script). A special form of ""ASCII compatible encoding"" (abbreviated ACE) is applied to this to produce the corresponding A-label: xn--11b5bs1di. A domain name that only includes ASCII letters, digits, and hyphens is termed an ""LDH label"". Although the definitions of A-labels and LDH-labels overlap, a name consisting exclusively of LDH labels, such as""icann.org"" is not an IDN."