Skip to main content
Resources

指定:重要下請委託

このページは以下の言語でもご覧いただけます。

すべての翻訳されたコンテンツおよび文書の英語版が公式版であり、英語以外の言語の翻訳版は情報提供のみを目的として作成されたものです。

重要下請委託とは、TLD の重要機能(レジストリ契約の仕様 10、セクション 6 に規定)に関連する下請への委託を指します。

重要下請委託の変更とは、バックエンド レジストリ オペレータ(バックエンド サービス プロバイダまたはレジストリ サービス プロバイダとも呼ばれます)の変更を指します。レジストリ移行プロセスでは、バックエンド レジストリ オペレータはレジストリ オペレータから gTLD レジストリの 1 つ以上の重要機能を委託された組織と定義され、その中には DNS プロバイダなどのサービス プロバイダが含まれます。この Web ページおよび以下に示すガイドの便宜上、gTLD の 1 つ以上の重要機能(レジストリ契約に規定)を実行するすべてのプロバイダをレジストリ サービス プロバイダと呼びます。

レジストリ オペレータが支配権移転と重要下請委託の両方を予定している場合、レジストリ オペレータは移行を完了する前の早い段階から ICANN との連携を開始すべきです。重要下請委託の変更を正式に要求できるのは、現在の契約当事者であるレジストリ オペレータのみです。しかし、既存のレジストリ オペレータおよび後任候補のレジストリ オペレータの両者が ICANN と共同して指定プロセスを進めることが強く推奨されます。

重要下請委託のレジストリ サービス プロバイダの変更を評価する際、ICANN は後任候補のレジストリ サービス プロバイダに対する審査を技術評価パネルに付託することがあります。発生した費用はレジストリ オペレータが負担します。

指定のメインページ

Material Subcontracting Arrangement (MSA): Change of Registry Service Provider (RSP)
Domain Name System
Internationalized Domain Name ,IDN,"IDNs are domain names that include characters used in the local representation of languages that are not written with the twenty-six letters of the basic Latin alphabet ""a-z"". An IDN can contain Latin letters with diacritical marks, as required by many European languages, or may consist of characters from non-Latin scripts such as Arabic or Chinese. Many languages also use other types of digits than the European ""0-9"". The basic Latin alphabet together with the European-Arabic digits are, for the purpose of domain names, termed ""ASCII characters"" (ASCII = American Standard Code for Information Interchange). These are also included in the broader range of ""Unicode characters"" that provides the basis for IDNs. The ""hostname rule"" requires that all domain names of the type under consideration here are stored in the DNS using only the ASCII characters listed above, with the one further addition of the hyphen ""-"". The Unicode form of an IDN therefore requires special encoding before it is entered into the DNS. The following terminology is used when distinguishing between these forms: A domain name consists of a series of ""labels"" (separated by ""dots""). The ASCII form of an IDN label is termed an ""A-label"". All operations defined in the DNS protocol use A-labels exclusively. The Unicode form, which a user expects to be displayed, is termed a ""U-label"". The difference may be illustrated with the Hindi word for ""test"" — परीका — appearing here as a U-label would (in the Devanagari script). A special form of ""ASCII compatible encoding"" (abbreviated ACE) is applied to this to produce the corresponding A-label: xn--11b5bs1di. A domain name that only includes ASCII letters, digits, and hyphens is termed an ""LDH label"". Although the definitions of A-labels and LDH-labels overlap, a name consisting exclusively of LDH labels, such as""icann.org"" is not an IDN."