Skip to main content

Welcome to the new ICANN.org! Learn more, and send us your feedback. Dismiss

Resources

FAQs

ICANN とは何ですか。

ICANN (The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers) は、すべてのアドレスが一意であり、すべてのインターネット ユーザーが有効なアドレスに到達できるよう、ドメイン名システム (DNS) を管理し、調整する機関です。一意の IP アドレスとドメイン名の分配を監督することで、これを実行します。また、ドメイン名と IP アドレスを正確に割り当て、確実に繋がるようにします。

ICANN は、ドメイン名のレジストラの認定も行います。「認定」とは、登録機能のパフォーマンスを特定して最低基準を設定し、それらの基準を満たす個人または団体を認知し、レジストラ サービスの規定に適用される規則や手順を定めた認定契約を締結することです。

ICANN の役割は非常に限定的であり、インターネットに関する多くの問題は ICANN の責任対象ではありません。たとえば、財務上の取引、インターネットに公開された内容の管理、スパム (勝手に送られる宣伝用電子メール、迷惑メール)、インターネットを使った賭博、またはデータ保護やプライバシーの問題などについて、ICANN は責任を負いません。

InterNIC とは何ですか ?

InterNIC Web サイトは ICANN が運営し、インターネットのドメイン名登録サービスに関する情報を公開しています。

InterNIC Web サイトでは、以下を公開しています。

ICANN はスパムの報告先として適切な機関ですか ?

いいえ。ICANN は、インターネットの名前と番号システムを調整する私的な非営利団体です。電子メール メッセージ、FTP ファイル、または Web ページの内容は、割り当てたドメイン名とは無関係であるため、ICANN の方針策定範囲から外れています。誰かのインターネットの使い方に問題がある場合、状況に応じて直接その人物、またはインターネットサービスプロバイダ、または政府の関係機関に相談してください。

Whois データが郵送用の住所データのソースとして使われていると思われる場合、スポンサーであるレジストラに申し立てることをお勧めします。Whois データを使用したスパム送信は、ICANN 認証レジストラの Whois データ利用規約に違反します。

さらに、内容が非合法な性質を持つ場合、または法に反して迷惑メールが送信されていると思われる場合、法的な助言を求める、または司法当局の該当部署に報告する、またはその両方を実行します。

ドメイン ネーム システムとは何ですか ?

ドメイン名システム (DNS) は、ユーザーがインターネットで自分の居場所を認識する際に役立ちます。インターネット上のコンピュータはすべて、電話番号のような複雑な数字の文字列で構成される一意のアドレスを持っています。これを「IP アドレス」と呼びます (IP は「インターネット プロトコル」の略です)。IP アドレスは覚えにくい数字の羅列です。DNS では、難解な IP アドレスではなく、わかりやすい文字列 (「ドメイン名」) を使用してインターネットを使いやすくします。これによって、207.151.159.3 と入力する代わりに、www.internic.net と入力できます。アドレスを覚えやすくする「記憶」装置です。

ドメイン名を「登録する」とはどういう意味ですか ?

インターネットのドメイン名システム (DNS) は、ディレクトリ、系統立てた階層、すべてのドメイン名と、対応するコンピュータから構成されています。最後のコンピュータは、インターネットを使う特定の企業や人物用に登録されています。ドメイン名を登録すると、登録の有効期間中は、インターネット上の指定したコンピュータと関連付けられます。作成した Web サイトをそのコンピュータから公開すると、世界中のインターネットユーザーがアクセスできるようになります。

ドメイン名はどうすれば登録できますか ?

ドメイン名は、レジストラと呼ばれる、互いに競い合う複数の会社から登録できます。これらの会社は、このサイトのレジストラ一覧に記載されています。

レジストラを選択すると、登録に必要なさまざまな連絡先情報および技術情報の提供を求められます。レジストラは連絡先情報の記録を保管し、「レジストリ」と呼ばれる集中管理ディレクトリに技術情報を送信します。このレジストリから、電子メールを送信する、または Web サイトを検索する場合に必要な情報をインターネット上の他のコンピュータに提供します。登録を受け付け、保持する条件を定めた登録契約もレジストラに入力する必要があります。

gTLD 名の登録にはどのような規則がありますか ?

規則は gTLD の性質に応じて異なります。gTLD の概要は、http://www.icann.org/registrars/accredited-list.html で確認できます。gTLD 名登録の詳細は、ICANN 認証レジストラにお問い合わせください。また、ICANN 認証レジストラのすべてを記載した一覧はこちらから確認できます。

gTLD 名の登録は世界中どこでも有効ですか ?

はい。これらのドメイン名は世界中のインターネット ユーザーが登録できます。また、ICANN 認証レジストラは世界中のさまざまな国にあります。

ドメイン名の最後は、.uk など 2 文字の組み合わせになっています。これらのドメインの登録には、どのような規則がありますか ?

たとえば .uk、.de、.jp などの 2 文字のドメインは、国コード トップ レベル ドメイン (ccTLD) と呼ばれ、国や地域、またはその他の地理的な位置と対応しています。ccTLD 登録の規則と方針はさまざまで、対応する国の市民のみが限定使用できる ccTLD もあります。

ICANN 認証レジストラの中には ccTLD の登録サービスを提供するものもありますが、ICANN は ccTLD のレジストラを公認することはありませんし、登録方針を設定することもありません。ccTLD 登録方針の詳細は、指定された国コードの管理者にお問い合わせください。

私の名前と連絡先情報は一般公開されますか ?

ドメイン名の責任者に関する情報は、技術問題を迅速に解決し、消費者保護、商標、その他の法律を徹底できるように一般公開されています。レジストラは「WHOIS」サイトでこの情報を一般公開します。ただし、第三者が責任を負うことに同意すれば、ドメインを第三者の名前で登録することも可能です。詳細については、レジストラにお問い合わせください。

登録の有効期限はどのくらいですか ?更新は可能ですか ?

初回登録および 1 年単位の登録更新については、各レジストラが柔軟に対応します。ただし、失効しない期間は最長 10 年です。

ICANN 認証レジストラになるには、どのような手続きが必要ですか ?

ICANN 認証レジストラになるために必要な手続きと、ICANN の認証方針の説明は、ここをクリックして確認してください。

ドメイン名を登録しましたが、スポンサーであるレジストラがわかりません。登録した会社を調べるにはどうすればよいですか ?

登録したドメインに関する情報は、InterNIC レジストリ Whois サービスで検索できます。トップ レベル ドメインによって、正常な検索結果に、登録したドメイン名の技術情報と、ドメイン名のレジストラについての参照情報のみが表示されます。Shared Registration System (共有登録システム) モデルの場合、Whois に公開するドメイン名の連絡先情報を保守するのはレジストラです。詳細はレジストラの Whois サービスを参照してください。

ドメイン名を登録した後、レジストラは変更できますか ?

はい。ドメイン名をスポンサーするレジストラは、初回登録から 60 日経過すると変更できます。移管手続きの詳細は、選択した新しいレジストラに問い合わせてください。

認定レジストラの一覧にない会社が、ドメイン名登録を宣伝していました。これは合法でしょうか ?

が認証していない多くの会社も、ドメイン登録サービスを提供しています。いくつかはリセラーとして、認証レジストラから取得した名前を再販しています。認証レジストラとの直接契約をお勧めします。

ICANN 私の会社の名前をドメイン名として登録した人がいます。申し立てをして取り戻すには、どうすればよいですか ?

ICANN 認可のすべてのレジストラは、統一ドメイン名紛争処理方針に従っています。この方針では、ドメイン名登録の資格に関する紛争は、登録の権利を主張する両者間の裁判によって解決されるのが一般的です。どちらが登録適格者か裁判所の判決が下されると、レジストラはその判決に従います。「サイバースペースにおける不法占拠 (cyber-squatting)」や「サイバースペースの海賊行為 (cyber-piracy)」など、不正登録に起因する紛争の場合、統一ドメイン名紛争処理方針には裁判に伴うコストと遅延を避けて問題を解決する簡易行政手続きがあります。この場合、紛争解決サービス プロバイダに苦情を申し立てて行政手続を開始することができます。

所有するドメイン名に関して、顧客サービスに聞きたいことがあるのですが、担当者はだれでしょうか ?

所有するドメイン名を登録したレジストラには、所有者が問い合わせる必要があります。

レジストラとの間に問題がおきた場合、ICANN に報告する必要はありますか ?

レジストラとの間に問題がおきた場合、まずは自分で解決できるか試してください。

解決できない場合は、顧客サービスへの苦情を取り扱う民間セクタ、または消費者保護に関する政府の部署に申し出てください。レジストラおよび顧客の法的管轄によって、対応にあたる機関は異なります。

.aero、.biz、.com、.coop、.info、.museum、.name、.net、.org に直接アクセスできるすべてのレジストラ、および .pro のレジストラは、この目的に沿って ICANN から認証を受けています。ICANN は顧客サービスに対する個人の苦情を解決するわけではありません。ICANN は技術的な調整を行う団体です。第一の目的は、インターネット システムの名前と番号の割り当てを調整し、運営の安定性を促すことにあります。

限定された ICANN の技術ミッションに、顧客サービスの個人的な苦情の解決は含まれていませんが、そのような苦情を観察して、傾向を見定めることは業務の範疇です。レジストラについての苦情を提出して ICANN の記録に残したい場合は、InterNIC Web サイトにある Registrar Problem Report Form (レジストラ問題レポート フォーム) を使用してください。逆に、ICANN からレジストラへ顧客の苦情を転送し、経過を見ながら処理することもあります。ただし、レジストラからの応答は保証できませんので注意してください。

登録しているレジストラが、ドメインを移管させてくれません。どうすればよいですか ?

ドメインの移管で問題が発生した場合は、移管先の新しいレジストラに相談してください。選択したレジストラが移管手続きに問題を抱えている場合、ICANN またはレジストリ運用者のどちらか適切な方からサポートを受けられます。

レジストラは、独自の判断で移管申請を拒否できません。ICANN には、レジストラがほかのレジストラへの移管申請を拒否することを認める、またはそれを要求する特定の方針はありません。登録は単純に、有効期限が切れるまでの X 日以内で手続きする必要があるからです。移管申請を拒否した場合、「損をする」レジストラは「得をする」レジストラに拒否したことと、その理由を具体的に通知しなければなりません。

詳細は、Exhibit B to the Registry-Registrar Agreement (別紙 B: レジストリ - レジストラ間の合意書) の「Transfer of Sponsorship of Registrations Between Registrars (レジストラ間の登録スポンサーシップの移管)」を参照してください。ICANN の移管方針のアップデート詳細は、<http://www.icann.org/transfers/> を参照してください。

最近有効期限が切れたドメインを使いたいのですが、レジストラが開放しません。どうすればこのドメイン名を取得できますか ?

レジストラ認定契約の第 3.7.5 項は、2 回目の通知と猶予期間の後、「酌量すべき事情」がない場合は、レジストラがドメイン登録を削除するよう定めています。「酌量すべき事情」とは、たとえば所有権争い、支払いに関する問題、または lame server delegations (不適切なサーバー委任) などがあたります。名前が削除されていない正確な理由がわかるのは、該当レジストラのみです。現在の条項は、特定の日付または期限を指定していません。

ICANN はまだ、期限切れドメイン名の扱いについて、統一方針を採択していません。方針の策定に興味がある場合、ICANN の Web サイトで、新しい方針を設定するボトムアップ、コンセンサスベースのプロセスについて詳細を学習できます。

ICANN に参加する

Domain Name System
Internationalized Domain Name ,IDN,"IDNs are domain names that include characters used in the local representation of languages that are not written with the twenty-six letters of the basic Latin alphabet ""a-z"". An IDN can contain Latin letters with diacritical marks, as required by many European languages, or may consist of characters from non-Latin scripts such as Arabic or Chinese. Many languages also use other types of digits than the European ""0-9"". The basic Latin alphabet together with the European-Arabic digits are, for the purpose of domain names, termed ""ASCII characters"" (ASCII = American Standard Code for Information Interchange). These are also included in the broader range of ""Unicode characters"" that provides the basis for IDNs. The ""hostname rule"" requires that all domain names of the type under consideration here are stored in the DNS using only the ASCII characters listed above, with the one further addition of the hyphen ""-"". The Unicode form of an IDN therefore requires special encoding before it is entered into the DNS. The following terminology is used when distinguishing between these forms: A domain name consists of a series of ""labels"" (separated by ""dots""). The ASCII form of an IDN label is termed an ""A-label"". All operations defined in the DNS protocol use A-labels exclusively. The Unicode form, which a user expects to be displayed, is termed a ""U-label"". The difference may be illustrated with the Hindi word for ""test"" — परीका — appearing here as a U-label would (in the Devanagari script). A special form of ""ASCII compatible encoding"" (abbreviated ACE) is applied to this to produce the corresponding A-label: xn--11b5bs1di. A domain name that only includes ASCII letters, digits, and hyphens is termed an ""LDH label"". Although the definitions of A-labels and LDH-labels overlap, a name consisting exclusively of LDH labels, such as""icann.org"" is not an IDN."