Skip to main content
Resources

緊急バックエンドレジストリオペレータ

このページは以下の言語でもご覧いただけます。

すべての翻訳されたコンテンツおよび文書の英語版が公式版であり、英語以外の言語の翻訳版は情報提供のみを目的として作成されたものです。

概要

緊急時バックエンドレジストリオペレータ(EBERO)の確立は、 新しいgTLDプログラムの重要なイノベーションです。EBEROプログラムは、新しいgTLDオペレータで問題が発生した時のドメインネームシステムの安定性とセキュリティのリスクを軽減します。

TLDレジストリオペレータが5つの最重要レジストリ機能のいずれかを維持できないおそれがある場合に、緊急バックエンドレジストリオペレータが一時的に有効になります。これらの機能は以下のとおりです。

  1. 登録したドメイン名のDNS解決
  2. 共有登録システムの運用
  3. 登録データディレクトリサービス(例、Whois)の運用
  4. レジストリデータエスクロー委託
  5. DNSSEC要件に従って適切に署名されたゾーンの保守

EBEROが、提供できるサービスは限られています。たとえば、EBEROは、Webホスティングやネットワーク分析などのTLDオペレータが顧客に提供している追加サービスは一切提供しません。

現在契約を締結している組織は、厳格な技術的要件を満たし、ドメイン名サービス、登録データディレクトリサービス、拡張可能なプロビジョニングプロトコルサービスの運用で長年の実績があることを示しています。ステークホルダーグループは次のとおりです。

ICANNは、EBEROの緊急サービスを必要とするイベントを宣言し、すべての緊急対応の活動を調整する責任を負います。

詳細情報の入手先

EBEROプロバイダが署名した契約

Domain Name System
Internationalized Domain Name ,IDN,"IDNs are domain names that include characters used in the local representation of languages that are not written with the twenty-six letters of the basic Latin alphabet ""a-z"". An IDN can contain Latin letters with diacritical marks, as required by many European languages, or may consist of characters from non-Latin scripts such as Arabic or Chinese. Many languages also use other types of digits than the European ""0-9"". The basic Latin alphabet together with the European-Arabic digits are, for the purpose of domain names, termed ""ASCII characters"" (ASCII = American Standard Code for Information Interchange). These are also included in the broader range of ""Unicode characters"" that provides the basis for IDNs. The ""hostname rule"" requires that all domain names of the type under consideration here are stored in the DNS using only the ASCII characters listed above, with the one further addition of the hyphen ""-"". The Unicode form of an IDN therefore requires special encoding before it is entered into the DNS. The following terminology is used when distinguishing between these forms: A domain name consists of a series of ""labels"" (separated by ""dots""). The ASCII form of an IDN label is termed an ""A-label"". All operations defined in the DNS protocol use A-labels exclusively. The Unicode form, which a user expects to be displayed, is termed a ""U-label"". The difference may be illustrated with the Hindi word for ""test"" — परीका — appearing here as a U-label would (in the Devanagari script). A special form of ""ASCII compatible encoding"" (abbreviated ACE) is applied to this to produce the corresponding A-label: xn--11b5bs1di. A domain name that only includes ASCII letters, digits, and hyphens is termed an ""LDH label"". Although the definitions of A-labels and LDH-labels overlap, a name consisting exclusively of LDH labels, such as""icann.org"" is not an IDN."