Skip to main content
Resources

アドバイザリ:レジストラの悪用対応担当者の連絡先のエスクローに関するレジストリオペレータ向けガイダンス</h1> <p>バージョン18、2024年4月

このページは以下の言語でもご覧いただけます。

すべての翻訳されたコンテンツおよび文書の英語版が公式版であり、英語以外の言語の翻訳版は情報提供のみを目的として作成されたものです。

このアドバイザリは、登録データポリシーのセクション8.4.8および8.4.9に記述されているデータ要素のエスクロー要件に関して、レジストリオペレータにガイダンスを提供することを目的としています。

定義:

本ドキュメントのキーワード「必要があります」、「禁止されています」、「必要になります」、「するものとします」、「するものではない」、「すべき」、「すべきではない」、「推奨される」、「推奨されない」、「できます」、および「任意の」は、BCP14 [RFC2119] [RFC8174]の規定どおりに解釈されます。

背景

登録データポリシーのセクション8.4.8および8.4.9に従い、レジストリオペレータは以下のデータ要素をエスクローする必要があります。

  • 8.4.8. レジストラの悪用対応担当者の電子メール
  • 8.4.9. レジストラの悪用対応担当者の電話

gTLD基本レジストリ契約のセクション3.1の仕様2に従い、デポジットのフォーマットとしてRFC8909およびRFC9022を使用する必要があります。

RFC9022にはレジストラの悪用対応担当者の電子メールまたは電話ハ番号専用のフィールドはありませんが、登録データポリシーのセクション8.4.8と8.4.9の要件を満たすために使用できる2つの汎用フィールドがあります。

レジストラの悪用対応担当者の連絡先情報のエスクロー計画

登録データポリシーのセクション8.4.8および8.4.9の要件を満たすために、レジストリオペレータは以下の対応を行う必要があります。 

  1. レジストリオペレータは、RFC9022のセクション5.4.1.1に記述されている<email>要素またはRFC9022セクション5.4.2.1.1に記述されている<csvContact:fEmail>要素のデータエ要素「レジストラの悪用対応担当者の電子メール」をエスクローする必要があります。
  2. レジストリオペレータは、RFC9022のセクション5.4.1.1に記述されている<voice>要素、またはRFC9022のセクション5.4.2.1.1に記述されている<csvContact:fVoice>および/または<csvContact:fVoiceExt>要素のデータ要素「レジストラの悪用対応担当者の電話」をエスクローする必要があります。
Domain Name System
Internationalized Domain Name ,IDN,"IDNs are domain names that include characters used in the local representation of languages that are not written with the twenty-six letters of the basic Latin alphabet ""a-z"". An IDN can contain Latin letters with diacritical marks, as required by many European languages, or may consist of characters from non-Latin scripts such as Arabic or Chinese. Many languages also use other types of digits than the European ""0-9"". The basic Latin alphabet together with the European-Arabic digits are, for the purpose of domain names, termed ""ASCII characters"" (ASCII = American Standard Code for Information Interchange). These are also included in the broader range of ""Unicode characters"" that provides the basis for IDNs. The ""hostname rule"" requires that all domain names of the type under consideration here are stored in the DNS using only the ASCII characters listed above, with the one further addition of the hyphen ""-"". The Unicode form of an IDN therefore requires special encoding before it is entered into the DNS. The following terminology is used when distinguishing between these forms: A domain name consists of a series of ""labels"" (separated by ""dots""). The ASCII form of an IDN label is termed an ""A-label"". All operations defined in the DNS protocol use A-labels exclusively. The Unicode form, which a user expects to be displayed, is termed a ""U-label"". The difference may be illustrated with the Hindi word for ""test"" — परीका — appearing here as a U-label would (in the Devanagari script). A special form of ""ASCII compatible encoding"" (abbreviated ACE) is applied to this to produce the corresponding A-label: xn--11b5bs1di. A domain name that only includes ASCII letters, digits, and hyphens is termed an ""LDH label"". Although the definitions of A-labels and LDH-labels overlap, a name consisting exclusively of LDH labels, such as""icann.org"" is not an IDN."