Skip to main content

Welcome to the new ICANN.org! Learn more, and send us your feedback. Dismiss

データ エスクロー プログラムの導入

ICANN では、ICANN のレジストラ データ エスクロー(RDE)プログラムの元でのエスクロー サービスの提供に関する Iron Mountain Intellectual Property Management, Inc. との交渉に結論を下し、同社との合意に達しました。 Iron Mountain 社は、本年、今回の交渉に先立って終結した競争的な提案依頼書プロセスを通じて ICANN によって選択されました。

レジストラ認定契約(RAA)のデータ エスクロー規定の下では、すべての ICANN 認定レジストラが、ICANN と Iron Mountain 社の取り決めを通じて ICANN に gTLD 登録データのバックアップ コピーを定期的に委託すること、または、ICANN によって承認された RDE サービスのサード パーティー プロバイダの利用を選択することが義務付けられています。 レジストラの認定契約が終了した場合、または認定契約の満了後に別のレジストラへの登録の譲渡を促進する更新が行われずにレジストラの認定契約が満了した場合、エスクローに保持されたデータが ICANN に譲渡される場合があります。 ICANN では、すべての認定レジストラに、今後 6 カ月以内に RDE プログラムへの登録を求める予定です。

「ICANN 認定レジストラの大多数は高水準のサービスと整合性を提供しています」と ICANN の社長兼最高経営責任者の Dr. Paul Twomey は言います。 「しかし、運営に問題のあるレジストラが、レジストラントに大きな損害を与える危険性があります。 ICANN のレジストラ データ エスクロー プログラムによって、レジストラントに対して、重要な追加的保護層が提供されるのです。」

ICANN および Iron Mountain 社は、RDE へのレジストラの登録を直ちに開始します。 Iron Mountain のエスクロー サービスを利用するレジストラは、ICANN および Iron Mountain 社との標準化された契約 [PDF、551 KB] を締結する必要があります。 サード パーティー プロバイダ(TPP)としての承認を申請するエスクロー エージェントは、ICANN の TPP 承認基準 [PDF、21 KB] および TPP 承認プロセス図 [PDF、121 KB] を確認し、記入済みの TPP 申請書 [PDF、21 KB、MS Word、61 KB] を ICANN に提出してください。 すべてのレジストラおよびエスクロー エージェントは、ICANN の RDE 仕様 [PDF、413 KB] を遵守しなくてはなりません。


More Announcements
Domain Name System
Internationalized Domain Name ,IDN,"IDNs are domain names that include characters used in the local representation of languages that are not written with the twenty-six letters of the basic Latin alphabet ""a-z"". An IDN can contain Latin letters with diacritical marks, as required by many European languages, or may consist of characters from non-Latin scripts such as Arabic or Chinese. Many languages also use other types of digits than the European ""0-9"". The basic Latin alphabet together with the European-Arabic digits are, for the purpose of domain names, termed ""ASCII characters"" (ASCII = American Standard Code for Information Interchange). These are also included in the broader range of ""Unicode characters"" that provides the basis for IDNs. The ""hostname rule"" requires that all domain names of the type under consideration here are stored in the DNS using only the ASCII characters listed above, with the one further addition of the hyphen ""-"". The Unicode form of an IDN therefore requires special encoding before it is entered into the DNS. The following terminology is used when distinguishing between these forms: A domain name consists of a series of ""labels"" (separated by ""dots""). The ASCII form of an IDN label is termed an ""A-label"". All operations defined in the DNS protocol use A-labels exclusively. The Unicode form, which a user expects to be displayed, is termed a ""U-label"". The difference may be illustrated with the Hindi word for ""test"" — परीका — appearing here as a U-label would (in the Devanagari script). A special form of ""ASCII compatible encoding"" (abbreviated ACE) is applied to this to produce the corresponding A-label: xn--11b5bs1di. A domain name that only includes ASCII letters, digits, and hyphens is termed an ""LDH label"". Although the definitions of A-labels and LDH-labels overlap, a name consisting exclusively of LDH labels, such as""icann.org"" is not an IDN."